SPHからTTAへのコンバーター

オンラインでしかも無料でsphファイルをttaに変換

変換したいファイルをセレクトまたはこのページ上にドラッグ&ドロップしてください
100 MB ファイルサイズの最大限度 サインアップ

sphをttaへ変換する方法

ステップ1

sphファイルをアップロードする

コンピューター、Googleドライブ、Dropbox、URLからファイルを選ぶか、ページにドラッグして下さい.

ステップ2

「ttaへ」を選ぶ

ttaもしくは必要な別のフォーマットを選ぶ(200種類以上のフォーマットが利用できます)

ステップ3

あなたのttaをダウンロードする

ファイルを変換すれば、すぐにttaファイルをダウンロードできます

ttaをsphへ変換する方法

sph

SPeech HEader Resources

SPHERE(SPeech HEader Resources)は、NIST(National Institute of Standards and Technology)によって定義されたファイル形式であり、スピーチオーディオに使用されます。 SoXは、μ-lawおよびPCMデータを含むときにこれらのファイルを読み取ることができます。短縮圧縮を使用してデータが圧縮され、μ-lawまたはPCMのいずれかとしてデータを扱うというヘッダ情報は無視されます。これにより、データを含むパイプを使用してSoXとコマンドライン短縮プログラムを一緒に実行し、処理のために結果をSoXに渡すことができます。

tta

True Audio

TTAは、デジタル音楽のリアルタイム圧縮のためのシンプルで安定した無損失オーディオデータフォーマットです。あらゆる用途に無料で完全に機能します。それは非常に単純な構造を持っています。 TTAファイルのヘッダーには一意の形式識別子が含まれ、メタデータブロックが続きます。メタデータブロックには、元のストリーム(チャネル数、1サンプルあたりのビット数、サンプルレート、ファイル内のサンプルの総数など)を復元するために必要な最小限の情報が含まれ、32ビットの制御合計で終了します。そのヘッダーに続いて、1つ以上のオーディオフレームを書き込みます。各フレームは32ビットのコントロールサムで終了します。デコーダは、ストリーム内の任意のフレームからデコードを開始することができる。フレーム内のチャネルの圧縮されたサンプルは、単純なPCMデータフォーマットのように順次配置されます。