お持ちのWMVをMJPEGに変換

オンラインで無料で使えるWMVからMJPEGへのコンバーター

ここにファイルをドロップする. 100 MB ファイルサイズの最大限度 または サインアップ

wmv

Windows Media Video

WMVは、通常ASF形式のビデオ圧縮に使用されるコーデックです。 MacとWindowsの両方でほとんどすべてのプレイヤーでWMVファイルを開くことや、形式を別のファイルに変換することが可能です。 WMVは、ユーザーが情報をコピーできないようにするDRM保護をサポートしています。これが、デジタルビデオとオーディオをオンラインで販売する企業でこのフォーマットが広く使用されている主な理由です。 WMVファイルは一般的なXbox 360デバイスで使用されているため、この形式もユーザーにはよく知られています。低ビットレートであるため、このようなファイルはHD DVDやBlu-rayディスクに最適なソリューションです。

mjpeg

Motion JPEG

MJPEGは、JPEGのフレームごとのビデオトラック圧縮技術を使用するマルチメディアの形式です。このコーデックはフレーム間の違い(動き)をエンコードしないので、ある場所の画像は十分に滑らかにならない。このフォーマットの主な利点は、ハードウェアの計算能力に対する要求が低いことであり、これは今度は、低レベルの圧縮と、結果として生じるより大きなファイルサイズをもたらします。 WebカメラやIPカメラで活躍しています。

WMVをMJPEGへ変換する方法

ステップ1

動画をアップロードします

MJPEG形式に変換したいWMVの動画をコンピューター、iPhone、Androidから選択するかドラッグ&ドロップしてください。また、Google ドライブやDropboxなどのオンラインソースのリンクを記入することもできます。

ステップ2

ファイルを変換します

動画がアップロードされWMVからMJPEGへの変換を開始できます。必要な場合は、アウトプット形式をサポートされている37種の動画形式に変更してください。その後、一括変換する別の動画を追加することができます。

ステップ3

動画の調整

希望する場合は、解像度、品質、アスペクト比その他の設定を歯車のアイコンをクリックして変更することができます。必要に応じて設定を全動画ファイルに適用してから「変換」ボタンを押して処理を始めます。

ステップ4

動画をダウンロードします

動画の変換と編集の終了後は、Mac、PCその他のデバイスへとダウンロードできます。必要な場合は、ファイルをDropboxやGoogle ドライブのアカウントに保存することもできます。

MJPEGをWMVへ変換する方法

WMV〜MJPEG品質評価

5.0 (2投票)
フィードバックを提供するには、少なくとも1つのファイルを変換してダウンロードする必要があります!