OGAからSPXへのコンバーター

オンラインでしかも無料でogaファイルをspxに変換

ここにファイルをドロップする. 100 MB ファイルサイズの最大限度 または サインアップ

設定

Speexの全体的な出力オーディオビットレートを設定します。人間の音声のエンコーディング用に設計されたSpeexは、超低ビットレートで透明度を実現し、最大ビットレートは44 kbpsです。
オーディオチャンネル数を設定します。この設定は、チャンネルをダウンミックスするとき(例えば、5.1からステレオへ)に最も便利です。
オーディオのサンプルレートを設定します。フルスペクトル(20 Hz~20 kHz)の音楽では、透明度を得るために44.1 kHzより大きな値が必要です。詳細は ウィキ をご参照ください。
変換先のファイル形式 OGA

oga

OGG Vorbis Audio

OGAは、Xiph.Org Foundationによって開発されたOGGファイルのオーディオ拡張機能です。 OGGは、ストリーミング用に設計されたオープンソースのコンテナ形式であり、独立したビデオ、テキスト、およびオーディオデータを含めることができます。 OGAを開くには、Vorbisなどの適切なソフトウェアをインストールするか、ファイルをより一般的な形式に変換する必要があります。
SPXコンバーター

spx

Speex

SPXファイルは、Ogg Vorbisコンテナ内に保存されたSpeexオーディオファイルです。 Speexは、音声圧縮用に設計されたオープンソースの特許フリーオーディオフォーマットです。可変ビットレート(VBR)エンコーディングと他のオーディオコーデックにはないいくつかの機能をサポートしています。いくつかの例には、エンベデッドエンコーディング、インテンシティステレオエンコーディング、音声アクティビティ検出などがあります

OGAをSPXへ変換する方法

ステップ1

ogaファイルをアップロードする

コンピューター、Googleドライブ、Dropbox、URLからファイルを選ぶか、ページにドラッグして下さい.

ステップ2

「spxへ」を選ぶ

spxもしくは必要な別のフォーマットを選ぶ(200種類以上のフォーマットが利用できます)

ステップ3

あなたのspxをダウンロードする

ファイルを変換すれば、すぐにspxファイルをダウンロードできます