お持ちのAVIをWEBMに変換

オンラインで無料で使えるAVIからWEBMへのコンバーター

ここにファイルをドロップする. 100 MB ファイルサイズの最大限度 または サインアップ

設定

ビデオトラックをエンコードするコーデックです。コーデック「再エンコードなし」は、可能であれば再エンコードせずに入力ファイルから出力ファイルにヴィデオストリームをコピーします。
CQは、シーンの複雑さに関係なく、ヴィデオの各部分が一定の品質レベルを達成するために必要なビット数を確保します。
出力ヴィデオの解像度を設定するには、最も一般的な解像度のプリセットから選択するか、カスタム解像度を手動で入力します。
変換先のファイル形式 AVI

avi

Audio Video Interleave

AVIは、PCユーザーとMacユーザーの間で非常に人気のあるマルチメディアコンテナです。このフォーマットは、1992年にMicrosoftによって開発されました。通常、AVIはビデオフォーマットとして使用されますが、当時の他のフォーマットとは異なり、AVIにはコーデックのさまざまな組み合わせで圧縮されたオーディオおよびビデオデータが含まれます。多くの場合、DivXやXVIDなどのビデオコーデックは.aviファイルで使用されます。オーディオの再生には、MP3、AC3、PCMなどのコーデックが使用されます。 Windows Media Playerまたは他の同様のプログラムでAVIファイルを再生することは可能です。
WEBMコンバーター

webm

WEB Media

WebMは、メディアがVP8ビデオコーデックとVorbisオーディオコーデックで圧縮されているオープンメディアコンテナです。 WebMフォーマットは、高いビデオ再生品質とデータ圧縮パラメータを持っています。このフォーマットは、メディアをWebページに配置するために広く使用されており、Opera、Mozilla Firefox、Google Chromeなどの最新のWebブラウザでサポートされています。 WebMビデオをサイトページに埋め込むことで、遅延やエラーなしに実現します。 WebMは、h.264規格に代わるものとなることを意図しています。拡張機能の著作権はGoogleが保有しています。

AVIをWEBMへ変換する方法

ステップ1

動画をアップロードします

WEBM形式に変換したいAVIの動画をコンピューター、iPhone、Androidから選択するかドラッグ&ドロップしてください。また、Google ドライブやDropboxなどのオンラインソースのリンクを記入することもできます。

ステップ2

ファイルを変換します

動画がアップロードされAVIからWEBMへの変換を開始できます。必要な場合は、アウトプット形式をサポートされている37種の動画形式に変更してください。その後、一括変換する別の動画を追加することができます。

ステップ3

動画の調整

希望する場合は、解像度、品質、アスペクト比その他の設定を歯車のアイコンをクリックして変更することができます。必要に応じて設定を全動画ファイルに適用してから「変換」ボタンを押して処理を始めます。

ステップ4

動画をダウンロードします

動画の変換と編集の終了後は、Mac、PCその他のデバイスへとダウンロードできます。必要な場合は、ファイルをDropboxやGoogle ドライブのアカウントに保存することもできます。

AVI〜WEBM品質評価

4.8 (236投票)
フィードバックを提供するには、少なくとも1つのファイルを変換してダウンロードする必要があります!