お持ちのASFをMXFに変換

オンラインで無料で使えるASFからMXFへのコンバーター

ここにファイルをドロップする. 100 MB ファイルサイズの最大限度 または サインアップ

設定

ビデオトラックをエンコードするコーデックです。コーデック「再エンコードなし」は、可能であれば再エンコードせずに入力ファイルから出力ファイルにヴィデオストリームをコピーします。
VBRモードで画質を設定します。固定ビットレート(CBR)を設定する場合は「カスタム」を選択します。
出力ヴィデオの解像度を設定するには、最も一般的な解像度のプリセットから選択するか、カスタム解像度を手動で入力します。
変換先のファイル形式 ASF

asf

Advanced Systems Format

ASFは、Microsoft Windows Media Playerで使用されるメディアコンテナです。オーディオとビデオファイルをオンラインでストリーミングするために設計されました。コンテナはデータストリームの構造を決定しますが、このデータのエンコード方法は決定しません。通常Microsoftによって作成されたファイルは.wmaまたは.wmv拡張子を持ち、他のファイルは.asf拡張子を持ちます。このようなファイルは通常、ファイルをオンラインで送信できるMIMEタイプを持ちます。 ASFの主な機能は、ストリーミング再生機能、つまりネットワーク経由でデータをダウンロードするときにビデオまたはオーディオを直接再生する機能です。
MXFコンバーター

mxf

Material Exchange Format

MXFは、SMPTE協会がプロ用に開発したメディアコンテナです。 MXFはAAF(Advanced Authoring Format)データモデルのサブセットを実装しており、今日ではプロのノンリニアビデオ編集の標準となっています。 MXFファイルは、ほとんどすべてのコーデックで圧縮でき、一般的なビデオフォーマットに簡単に変換できます。 Sony、Panasonic、Canonのこのフォーマットの実装には多くの非互換性があり、それがこのコンテナの大きな欠陥でした。これらの問題は規格の2009年版で対処されました。

ASFをMXFへ変換する方法

ステップ1

動画をアップロードします

MXF形式に変換したいASFの動画をコンピューター、iPhone、Androidから選択するかドラッグ&ドロップしてください。また、Google ドライブやDropboxなどのオンラインソースのリンクを記入することもできます。

ステップ2

ファイルを変換します

動画がアップロードされASFからMXFへの変換を開始できます。必要な場合は、アウトプット形式をサポートされている37種の動画形式に変更してください。その後、一括変換する別の動画を追加することができます。

ステップ3

動画の調整

希望する場合は、解像度、品質、アスペクト比その他の設定を歯車のアイコンをクリックして変更することができます。必要に応じて設定を全動画ファイルに適用してから「変換」ボタンを押して処理を始めます。

ステップ4

動画をダウンロードします

動画の変換と編集の終了後は、Mac、PCその他のデバイスへとダウンロードできます。必要な場合は、ファイルをDropboxやGoogle ドライブのアカウントに保存することもできます。